ゲーム大好き夫婦によるゲーム紹介サイト「ふたりゲーム」。古いものから新しいものまでプレイしてみて本当に楽しかったふたりで遊べるゲームをご紹介していきます。

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ

バイオハザードシリーズのスピンオフ! ゲームセンターなどで遊べるようなガンシューティングを家庭で体感!

名シリーズのガンシューティング

「バイオハザード」というゲームシリーズをご存知でしょうか。
1996年にプレイステーションでカプコンから発売された「サバイバルホラー」と呼ばれるジャンルのゲームとなります。
その人気の高さから、派生作品や過去作のリメイクも多く発売されている人気シリーズとなります。

フィルは基本的に怖いもの(特に突然大きな音が出る系)が苦手なのですが、初代バイオが発売された当時、最初のゾンビが振り返る有名なシーンや、窓ガラスを割って犬が襲い掛かってくるシーンで死ぬほどビビった記憶があります。

思い通りにキャラクターが動いてくれないコントローラーでの操作や、銃で打てる弾の数に制限やセーブをするためにアイテムを消費するという恐怖心と戦いながら、高難度な謎解きを解く必要があり、今考えてもとても難しいゲームだったように思います。

このように、「バイオハザード=怖いゲーム・難しいゲーム」というイメージの方も多いと思います。

そんなバイオハザードのキャラクターや世界観をガンシューティングゲームとして遊びましょ!といって作られた作品が本作となります。

襲い掛かるゾンビたち

ガンシューティングゲームとは、銃やそれを模したものを画面に向けて引き金を引くことで画面上の敵をやっつけるといったタイプのゲームとなります。ゲームセンターなどで見る機会が多いかもしれません。

僕は昔から、ファミコンの光線銃シリーズとよばれる「ワイルドガンマン」や「ダックハント」、スーファミのスーパースコープというバズーカ砲みたいなコントローラを使用した「ヨッシーのロードハンティング」、プレイステーションではガンコンという銃を模したコントローラを2つ買って「ガンバレット」や「タイムクライシス」などを遊んできました。

今にして思えば頭のおかしな贅沢な子供時代だったように思います。

そんな僕と、当時お付き合いしていたずんだが、友人との待ち合わせまでの時間つぶしに入店したブックオフ代々木北口店で衝動買いしたのがwiiにて発売された「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」なのです。

どんなゲーム?

ストーリーとしては、バイオハザード0や初代バイオハザード、バイオハザード3といった過去作のストーリーを追随するものとなっています。過去作をやっていなくても十分楽しめるストーリーとなっており、知っている人ならおさらい&裏側をちょろっと覗けるといった内容となっています。

操作キャラは上記作品で出てくるキャラクターになるのですが、最初から最後まで同じキャラクターではなく、途中途中で変わりながら進んでいくような内容になっています。

ふたりで銃を撃ち進む

上記のとおりガンシューティングゲームとなりますが、本作では銃型コントローラではなくwiiリモコンを銃に見立ててゲームプレイをすることができます。
このゲームのためにわざわざコントローラーを買う必要がないため、気軽に遊べるのではないでしょうか。
※wiiザッパーという拡張コントローラーもありますので、興味がある方は調べてみてください。

画面上にwiiリモコンを向けることで、目の前に現れる敵キャラクター(ゾンビが中心です)を撃って進むという内容です。基本的にキャラクターは自動で進んでくれるので、バイオハザードシリーズ特有の謎解き関係が苦手な方にもおすすめです。

画面に銃(リモコン)を向ける

ふたりで遊ぶ

この操作するキャラクターは、基本的に2人組です。例えば、最初のステージでは、「レベッカ」と「ビリー」という2人のキャラクターを操作します。
ふたりで遊ぶ場合は、この2名のキャラクターをそれぞれが操作しながら協力しながらストーリーを進めております。

我々夫婦はwii版のプレイになりますので、wiiリモコン2本をテレビに向けてゲームを遊んでおりました。

「左のやつやるから右お願い!」とか「足を狙うからヘッドショット頼んだ!」などなど声を掛け合いながらストーリーをすすめていきました。

また、ヒットポイントのゲージが共有であることもプラスだと感じました。
どちらかがやられてもう一方がボケーっと待つといったこともなく、一緒に頑張ることが出来るという風に感じられました。

こういったゲームは、プレイヤーどちらかが得意だったりする場合があるかと思いますが、もう一方のプレイヤーをサポートすることが出来るゲームなのではないかと思います。

ふたりで一緒に遊ぶことを目的にゲームをするのであれば、たとえ実力差があっても一緒に遊びたいですよね。
そんな願いをかなえてくれる、そんな一本だと思います。

ゾ、ゾンビがきたぞーー!

ふたりで振り返る

フィル
ガンシューティングって遊んだことあったー?

ずんだ
ゲーセンで何度か遊んだ記憶はある!TVゲームでは初めてだったかなぁ

フィル
銃を撃つ特性上、ゾンビ相手のゲームが多いよね

ずんだ
ホラー苦手なんだけど、不思議とこの手のゲームは大丈夫なんだよね

フィル
恐怖を感じさせるというより、どんどん撃ってテンポよく進むゲームだよね

ずんだ
うんうん。あと、協力プレイだから安心感もあるし、楽しく遊べた!

フィル
ホラーやシューティングが苦手な人にも遊んでほしい作品だよねー

ずんだ
そうだね!こういう系の作品がもっとあったら遊んでみたいな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です