ゲーム大好き夫婦によるゲーム紹介サイト「ふたりゲーム」。古いものから新しいものまでプレイしてみて本当に楽しかったふたりで遊べるゲームをご紹介していきます。

【プレイ感想】ソウルシリーズを投げた私がBloodborneにハマった理由を考えてみた

自分でも最初はクリアまでいくとは思っていなかったBloodborne。なぜ、この作品にこれほどまでに魅かれたのかの考察です。

※ネタバレはなしの記事となっております。

2018年3月、PlayStation+でのフリープレイタイトルとして配信された事で興味を持ち、軽い気持ちで始めたこのBloodborne。

それから1年。
亀のような遅さではあるものの、自分の中で「これは特別な作品」と感じるほどのめりこみました。
最終的にはDLCも購入して全てのステージを遊び、全てのエンディングを見ました。

私ずんだはすぐにゲームを投げるヌルゲーマー。
そんな私が一般的に高難易度で知られるこの作品にハマって完走できた理由について、感想を交えて考察していこうと思います。

ソウルシリーズを投げまくった女

タイトルの通りです。

ダークソウル無印~3まで、全て手はつけたもののクリアしたタイトルはゼロ。
でも、「楽しい」と思ってプレイしていたことは間違いないです。

色んなところで書いていますが、私はアクションが本当にヘタクソです。
基本的に素早く判断してレスポンスすることが苦手なので、苦手なジャンルがかなり多いです。
また、3D酔いが酷いのでFPSや素早く飛び回ったりするのも苦手。
(文字にするとゲームに向いてなさすぎて悲しくなりますねぇ…)

ではなぜ、ソウルシリーズ、Bloodborneを楽しめたのか。
理由はいくつかあります。

敵は「待ってくれる」

やったことがある人にはわかると思います。

雑魚敵が数の暴力といわんばかりに走ってくるイメージがありますし、実際そうなのですが、彼らはこちらが先に進まなければ襲ってきません。

確かに難しいです。
何度も何度も死にます。
でも、安全な場所にいれば、立ち止まって一休みしたり心の準備をすることができるんです。

これが、マイペースでゆっくりな私に向いている点だと感じています。

「覚える」ことでプレイヤースキルをカバーできる

敵の配置は固定。
死んでしまうとチェックポイントからやり直しで敵が復活するというシステム。

ここに心折られることも多々ありますが、このシステムが私にとっては良かった。

予想外の状況になるとすぐパニクる私ですが、何度もやり直せることで、だんだんと敵の数や位置を覚えていきます。
そして少しずつでも、先に進めるようになっていく。

プレイヤースキルは上がっていないのかも知れません。
それでも、繰り返し挑戦し工夫することで先に進めるという達成感はこのシリーズの醍醐味だと思います。

「ジャンプ」コマンドがない

厳密にいえばほんのちょっとだけジャンプすることができるんですが、あえてこの書き方をします。

私は「ジャンプ」できるゲームが苦手です。
ジャンプで狭い足場を渡っていく…みたいなステージを見ただけで「うっ!」ってなるくらい。

3D表現が増えてからはなおのこと苦手になりました。
酔うんですね、単純に。

なので、落下死という悲劇はあってもジャンプがないこのシリーズは合っていたのでしょう。

クセのあるNPC達

キャラクターが魅力的なゲームは数あれど、このシリーズのNPCは曲者だらけで、そしてストーリー進行と共にあんなことやこんなことになります。

彼らの行く末が気になる…それがモチベーションに繋がったりするんですよね。

ソウルシリーズだとベタですがソラールさんとジークさんが好きですねぇ。

なぜBloodborneはクリアまで行けたのか?

ここからが本題です。

上記で書いたようにソウルシリーズは「自分に合っている」と感じながらもクリアまで行けませんでした。

では何故、Bloodborneはクリアまで続けられたのか

世界観がより自分に刺さった

私は厨二病なので王道ファンタジーは大好物です。
でも、Bloodborneのヴィクトリア朝の世界観はもっとツボだったようです。

街並みなんかもそうですが、街に渦巻くなにか不穏な雰囲気、隠された秘密を暴いていく旅路…それが私を最後まで突き動かす原動力になったのだと思います。

怖いもの見たさ、というのでしょうか。
「真実を知りたい」という気持ちにさせてくれる作品でした。

考察サイトを読みふけるなど、自分でも不思議なくらいに魅かれていましたね。
おバカな上に様々な考察があるので全ては理解できませんが、想像の余地が残されているくらいが丁度いいと、個人的には思います。

Bloodborne特有のシステムが合っていた

まずは「リゲインシステム」
ダメージを受けても一定時間中に敵を攻撃すると自身のHPを回復することができます。
このリゲインのお陰で多少の無茶が効くというんでしょうか。
敵に囲まれてしまって「あ、死ぬわコレ」と思っても案外生き残っていたなんて事が何度もあります。

次に「装備」
ソウルシリーズにあった「装備重量」という概念がないのがかなり嬉しかったように思います。
(あれはあれで試行錯誤が楽しいという側面はあるのですが)
また、武器や防具の種類や見た目もツボに刺さるものが多くあり、特に防具は性能より見た目が気に入ったものを着せていて、それがモチベーションに繋がっていました。

ちなみに、左手に「盾の代わりに銃を持てる」事は、相変わらずパリィできない私にはあまり関係ありませんでした。
でもなんかカッコイイよね、うん。

Twitterでの反応に助けられた

ちょうどBloodborneを始める直前に私はTwitterのアカウントを作ったので、そこで進捗を呟いていました。

苦戦しているとアドバイスを下さる方がいたり、なにかしらの反応を下さる方がたくさんいて、それが励みになっていました。

おかげで、「YOU DEAD」を始めとしたスクリーンショットの山がPS4を埋め尽くしています(笑)

夫やフレンドと協力プレイができた

正直、これが一番大きいでしょう。

現在ちまちまとプレイ日記を書いていますが、中盤まで私は夫のPS4でソロプレイ(鐘は適宜鳴らしていましたが)をしていました。

しかし、途中でとある方からPS4本体を譲っていただき、オンラインプレイで夫と2人体制で攻略できるようになったのです。

夫だけでなく、Twitterで知り合ったフレンドさんにもずいぶん助けてもらいましたし、オンラインプレイの楽しさも存分に味わいました。

もちろん、最初はソロでもクリアするつもりでしたが、もしソロだったらまだクリアできていなかったかもしれないですね…。

ただ、ソロプレイとマルチプレイの両方を意図せず楽しめたことは、本当に良かったと思っています。

ソロで道中の雑魚軍団を突破するだけでも何日もかかって苦労したり、色んなことにいちいちビビりながら進んでいたのもいい思い出ですし、鐘を鳴らして何度か同じ方とマッチングしたりと面白い出会いもありました。

一方、夫婦でのオンラインプレイは気を遣わず自分たちのペースで進められ、2人で歩くことで心細さが無くなりより「楽しさ」を大きく感じられたように思います。
フレンドさんは猛者ばかりで、知らない装備やアクションを見てモチベーションが上がったり、2人でも厳しいボスを手伝ってもらったり…あとは、単純に最大人数の3人は「楽しい」。

色々な楽しみ方ができた私はラッキーですし、まだ狩人をやめるつもりはありません。

意外と女性がハマる可能性が高い…?

自分もそうなのですが、Twitterの知り合いでもBloodborneが大好きな女性が何名かいらっしゃいます。

好きな理由は私と同じかは分からないんですが、紳士然とした装備類やミステリー的な要素は女性が魅かれやすい要素なのかなぁと思ったり。

実際、ソウルシリーズ大好きマンの夫は私ほどハマっていなかったんですよね…。
(実際Bloodborne好きの方は男性の方が多いとは思うので個人差だと思いますが)

彼女や奥様に試しに薦めてみると、意外とハマるかもしれませんね!
…あ、嫌われても私は責任は取れません!!

子育て中だからこそ、より楽しめたのかも

プレイ開始時、息子は3歳。
毎日テレビにはEテレが流れ、子供向けのものに囲まれる生活。

だからこそ、子供が寝静まった後に血塗れになって戦うことが、おぞましい秘密に触れることが、余計に蜜の味に感じたのかも知れません。

今思えば、途中で別のゲームを挟んだりして一気にクリアしなかったのは気力の関係もありますが、「なるべく長く楽しみたかった」のかも…なんて思ったりするのでした。

間接的とはいえ、私にとってゲームという大好きな趣味は子育てを支えてくれる存在です。

「ブラボやってるオカンとか引くわー」とか思われても別にいいもんね!

まとめ

私を支え続けてくれた人形ちゃん

「ソウルシリーズを諦めた私には無理」という先入観から手に取ることはなかったBloodborne。

フリープレイのおかげでその世界に触れ、ソウルシリーズでの僅かな経験と、ソウルシリーズとは異なる要素や世界観が上手く自分にマッチし、様々な要因がうまく作用してBloodborneは私にとって忘れられない作品となりそうです。

人を選ぶ作品であることは間違いないでしょうが、私のように先入観で避けている人にも是非手に取って欲しいと思います。

そして私は、どうやら死にゲーなしでは生きられない体になってしまったようなので、ソウルシリーズをやり直すかもしれません。

1 thought on “【プレイ感想】ソウルシリーズを投げた私がBloodborneにハマった理由を考えてみた”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です