ゲーム大好き夫婦によるゲーム紹介サイト「ふたりゲーム」。古いものから新しいものまでプレイしてみて本当に楽しかったふたりで遊べるゲームをご紹介していきます。

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special

フィルです。何度でも遊べる究極のボードゲーム!未プレイの方はぜひ遊んでほしい作品です。

ファミコン時代から続く名シリーズ

「いたスト」という名前くらいは皆さん聞いたことがあるのではないでしょうか?
ボードゲームの中では「桃鉄」の次くらいに有名なんじゃないかと思っています。

我々夫婦も、二人が出会う前からそれぞれ子供時代から遊んできたゲームソフトとなります。
僕はスーパーファミコンから発売された「いただきストリート2」から遊び続けています。

発売当時、小学生だったと思いますが誕生日プレゼントとしてねだって買ってもらった記憶があります。
「誕生日プレゼントだから中古ではなく新品を」と言われて買ってくれたんですが、1万円近い値段にビビッて中古を買ってくれとせがんだ事を覚えています。

当時からケチだったんですかね。

どんなゲーム?

いただきストリートシリーズは、モノポリーというボードゲームをアレンジした4人対戦ゲームです。

お店を買うザラキ神官さん

決められたマップでサイコロを振って、出た目の数だけ進むのですが、その際に「ハート」「クローバー」「スペード」「ダイヤ」の4つのマークを集めます。4つ集まった状態で特定の場所(シリーズによって銀行だったりお城だったり)にたどり着くと、お金をもらうことができます。
このお金をドンドン増やしていって、決められた金額を達成した人が勝ち!というゲームとなります。

マップ上には、いくつもの「お店」が設置されています。

お店は最初、だれのものでもない状態なのですが、プレイヤーが停止することで、先ほどのお金を使って「お店」を購入することができます。お店を購入すると、その場所は購入したプレイヤーのものとなります。

リノアさんは買い物が似合いますね

次に他のプレイヤーがそのお店のあるマスにとまってしまった場合、お店の持ち主にいくらかのお金を渡さなければなりません。

最初のころに他プレイヤーからもらえるお金は少額ですが、お店には「増資」というお店の収入を増やすシステムがあります。

増資をするにはお金が必要ですが、他プレイヤーがとまったときの収入が増えるのでどんどん増資していきましょう!

ただし、お店を買いすぎたり増資をしすぎて手持ちのお金がない状態で、他プレイヤーのお店にとまってしまうと、せっかく買ったお店を売りに出して支払わなければなりません。

お店を増やしたい、お店を大きくしたい、そのために4つのマークを集めたい、しかし他のプレイヤーのお店には止まりたくない。

こうしてプレイヤー同士の駆け引きが生まれてくるのです。

奥が深いゲームだからこそ、むつかしい

実はこのゲーム、とても「深い」ゲームなんです。

ボードゲームって、サイコロ任せなので運の要素が強いゲームが多いと思うんです。

サイコロを振るブリッツ戦士

しかし「いたスト」は、言葉で説明できる気がしない「株取引」やお店を強制的に買い取る「5倍買い」システム、並びでお店を買うことで増資上限があがる「エリア」など、経験の部分も多く影響を及ぼしてきます。

ひとつひとつはそんなに複雑じゃないので、一度遊んでしまえば理解できると思うんですが、「初めていたストを遊ぶ人」と一緒に遊ぶときは、その人が勝つことは絶対にありません。僕が勝つから。

一戦遊ぶのにそこそこ時間もかかるため、ルールが理解できてからもう一度対戦するというのもなかなか大変だったりします。

僕はスーパーファミコン時代から頭がおかしいほど遊び続けてきたので、最近ルールを覚えた程度の人にはまず負けることはありません。
(ゲームで手加減できませんし)

今のようにオンライン対戦もなかったし、コンピュータもさして強くないゲームなので、当時はまともな対戦相手がいない状態でした。

ずんだ参戦!

そんなときに現れたのがずんだです。

当時、ずんだが兄妹で遊んでたPS2のゲームを何本かを持って我が家に遊びに来ました。

そのうちの一本が「ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special」でした。

それまで、いたストオリジナルのキャラクターだったものが、ドラゴンクエストのキャラクターファイナルファンタジーのキャラクターが操作キャラクターとして登場し、コミカルな会話を繰り広げながら遊ぶことが出来るという作品でした。

アリーナはちゃんとおてんば姫ですね

前述のように、いたストに自信を持っていた僕は軽い気持ちでずんだを返り討ちにしようとゲームを起動しました。

結果。

惜敗。。

善戦するも勝てず。

そうとう悔しかったんでしょうね。すぐに再戦した覚えがあります。

結果。惜敗。

どうしても勝てない!くやしい!!

もっがい!!!

こんな感じでずーっと遊び続けることが出来る名作なのです。

2017年10月には、wii版以来となる約6年ぶりに新作での発売もありましたので、これから始める方はぜひPS4版をご検討ください!

ふたりで振り返る

フィル
ずんだに勝てなかった3本のうちのひとつ

ずんだ
ふはははは!

フィル
なぜそんなにも強いのか

ずんだ
昔、兄に鍛えられたからねぇ

フィル
実力が結果に結びつくボードゲームということだね

ずんだ
経験と運の要素があるから、飽きずに遊べる気がする!

フィル
こういう話をしていたらまた遊びたくなってきた!!

ずんだ
PS4版も気になるけど、なかなか値崩れしないね…
PS2は動かなくなっちゃったし( ;꒳ ; )

フィル
んじゃPS4版買おうか!

ずんだ
なんやて!?でも持っておきたいソフトではあるねー

フィル
ほほほほう?ほーう。やったぜ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です