ゲーム大好き夫婦によるゲーム紹介サイト「ふたりゲーム」。古いものから新しいものまでプレイしてみて本当に楽しかったふたりで遊べるゲームをご紹介していきます。

ペルソナ5

ずんだです。 出産後におそらく最も時間を費やしたであろうゲームを紹介します!

今回はずんだが大好きなRPGシリーズの最新作であり、個人的にも非常に思い入れのある作品を紹介させていただきます!

どんなゲーム?

アトラスの女神転生シリーズから派生してできた「ペルソナ」。
良くも悪くも玄人向けの女神転生をもう少し一般向けにしたRPGシリーズです。
3からはビジュアルデザイナーが変わったり、ユーザーインターフェースやシステム面が一新され、とてもスタイリッシュなゲームとなりました。
また、4ではアニメ化などメディアミックスによってファン層がとても広くなったシリーズなのではないでしょうか。

実はシリーズファンのずんだ


私ずんだはペルソナ3が大・大・大好き!!!
4も勿論プレイ済!

なのにすっかり見逃していたペルソナ5の発売!
そっと買ってきてくれた夫フィルよ、本当にありがとう、ありがとう…!

ペルソナシリーズは今や一般向け化したとはいえ人を選ぶゲームだとは思います。
どれも主人公は高校生ですが、さわやかな学園生活を送る健全なゲームかというと、そうではありませんので…。
もちろん青春要素や熱い展開はありますが、基本的には人間の「陰」の部分にきっちりとスポットを当てていて、人によっては「暗い」と感じるでしょう。
ま、私はその「暗さ」を含めて好きなんですけどね!

実際、このペルソナ5はCERO指定はCの15才以上推奨。
ペルソナ4(こちらはCERO指定B)で「陽」の方向にシフトチェンジしたのにも関わらず、あえて「陰」に戻してきたところにアトラスさんの心意気を感じますね!

じゃあ発売することくらいチェックしとけよ
ハイ、その通りですね(反省)

さて、どんなゲームなのかはWikipediaさんなり他の立派なサイト様が説明してくれてるので割愛するぜ!

1つだけ言うと、私はペルソナ3が大好き過ぎて4は面白かったものの(あくまで個人的には)それを超えはしなかった。
しかし5は超えてきたのだ!
だからこそ、こうして記事にしている訳です。

ちなみにプレイしたのはPlayStation3版。
PlayStation4版で変わるのはグラフィックとロード時間くらいらしいので、お好きな方でどうぞ!
※ずんだはPlaystation3版で遊びました

つらい時期を支えてくれた思い入れのあるゲーム

育児・大切な人の死など色々なことが重なり辛かった時期に、このペルソナ5をプレイすることで私の心は守られていたように今は感じています。

黙々と没頭できるRPGというジャンルであったことも大きいのでしょうが、きっとこのゲームだったから私は救われたのだと思っています。

ゲームは人の心の支えにもなる。

※上記について詳しく書いた記事がコチラ。かなり重い話です。

どうやってふたりで遊んでいたか

このゲームはもちろん1人プレイ専用。
コントローラーは基本的にずっと私が握っていました。(夫が買ってきたのに)

どうやってふたりで楽しんでいたかというと、夫はとにかく「見て楽しんで」いました。

このシリーズの特徴である音楽・演出・ユーザーインターフェースのカッコ良さ、見応えのあるストーリーは、見ているだけでも楽しかったようです。

また、夫はずっと画面を凝視していた訳ではなく、戦闘などはスマホゲーをポチポチしつつ、イベントシーンなどはちゃんと見る、って感じでしたね。

サブクエスト的に訪れることのできるメメントスというダンジョンがあるのですが、そこはストーリーとの直接的な繋がりがないため、私ひとりの時にプレイしたりもしていました。

あとはふたりで楽しめた要素としては、会話の「選択肢」を一緒に選んだりしたことですね。
ストーリー上の選択肢は1部を除き分岐などは発生しないので私がパパっと選んでいましたが、このゲームにはCOOPという様々なキャラクターとの親密度を上げるシステムがあり、その進行度はセリフの選択肢に左右されるため、「こっちの方が好感度上がりそうか…?」とふたりで相談しながら決めたりしていました。
まぁ、フィルの意見はあまり当てになりませんでしたけどね!

がっつりふたりで、とはいきませんが、ゆるーくふたりで共有しながらカッコイイ雰囲気とストーリーを大人も楽しめるゲームだと思います。

ふたりで振り返る

ずんだ
たしか、発売してすぐに買ってきてくれたよね

フィル
発売したね!って言ったら欲しい!っていうから買ってきたんだよね

ずんだ
(そ、そうだったのか…)
フルプライスだとなかなかのお値段だし、びっくりしたなぁ
本当にありがとうございます

フィル
ペルソナ3とペルソナ4を一緒に遊んで楽しかったから、ペルソナ5も楽しいかなーって

ずんだ
クリアするまで半年くらいかかったけど、楽しかったし育児とか諸々に煮詰まった私の救いにもなった特別な作品だと思う

フィル
1周目クリアしてすぐ2週目始めたときは「まだするのか!」とは思ったけどね

ずんだ
なんか習慣になっちゃって…
でも、私が2週目を完走するのはなかなか異例な気がする

フィル
ただでさえボリュームが多いゲームなのに、2週続けちゃうくらい面白いゲームだったのね

ずんだ
正直、時間さえあればもう1周できる

フィル
(何言ってんだこいつ)

フィル のコメント

ペルソナシリーズは昔ペルソナ2罪・罰を遊んでおりました。
ずんだにミッシェルのモノマネをするとウケがよかった記憶があります。「カモーン、エブリバーディ!?」

さてさて。ペルソナ3、ペルソナ4と遊んできたのですが、ペルソナ5が発売するときは家庭がなかなかバタバタしていたタイミング。
子育ても大変な時期だったりもして、ずんだも疲れ切っておりました。

そんなときに発売されたペルソナ5。息抜きになればと買ってきたこのゲームに予想以上にハマってくれました。

ペルソナの戦闘はコマンドバトル。良くも悪くも時間がかかります。ストーリーは神がかって面白いのですが、ひとりで黙々と遊ぶには体力がいるゲームだと思います。

ゲームって自分が遊ぶのはもちろん楽しいのですが、楽しそうに遊んでいるのを見るだけでも十分楽しいんですよね。

特にペルソナシリーズは、メインストーリーだけではなく自由度の高いサブストーリーがいくつも点在しています。

僕が操作していては絶対に選ばないであろう道へずんずん進む妻。そのプレイを見ているだけでも十分購入した価値はあったと思いました。

もし未プレイの方がいれば、ぜひとも前情報を入れずに遊んでみてほしいなーと思う、そんなゲームなのでした。

2 thoughts on “ペルソナ5”

  1. ピンバック: 【やや閲覧注意】ゲームが私を救ってくれたかもしれない話「ペルソナ5」 | ふたりゲーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です