ゲーム大好き夫婦によるゲーム紹介サイト「ふたりゲーム」。古いものから新しいものまでプレイしてみて本当に楽しかったふたりで遊べるゲームをご紹介していきます。

HEAVY RAIN 心の軋むとき

フィルです。今までのゲーム歴のなかで、最もどっぷり世界感にハマったゲームを紹介します。

友人の勧めで何となく始めたゲーム

我々夫婦には家族ぐるみで仲の良い、S夫妻という友人がいます。
そんな2組の夫婦まだお互いに結婚していなかった時代のお話。

いつものようにS夫妻が泊まりに来たのですが、普段そんなにゲームをするわけでもないS夫妻から「面白いからやろう」と勧められました。

パッケージを見る限り、ザ・海外というイメージのアドベンチャーゲーム。ちょっと怖そうな雰囲気もあり、正直得意なタイプではありませんが、この夫婦がわざわざ持ってくるということは自信作なんだろうと気軽にソフトを起動しました。

タイトルロゴ

どんなゲーム?

連続誘拐殺人事件が発生。事件の被害者は共通して折り紙を持って亡くなっており、折り紙殺人事件とも呼ばれる。
この事件をめぐる4人の主人公が切り替わりながら物語を追っていくアドベンチャーゲーム。

映画ではありがちな平和な日常風景からアクションシーンまで、コントローラーで細かい操作が求められるため映像への入り込みが深く、感情移入や世界観への没頭がすごいゲームでした。

さらにプレイヤーの操作によって主人公を含めたキャラクターが死ぬ可能性もあります。
死んだ場合もそのままストーリーが進むため、マルチエンディングという形になります。

なぜこれが深い感情移入できるのかを考えてみた

ここまで何度も書いているように、映画の世界に没頭できるゲームでした。

なぜここまで入り込めるのかを考えてみたのですが、おそらく細かい操作をプレイヤーに要求し、コントローラーがキャラクターの手足と連動してるかのような錯覚を与えるためではないかと思います。

ゲームプレイすぐ、主人公であるイーサンの起床シーンから始まります。
このイーサンは見た目が40歳くらいのいいオッサンです。

イーサンがベッドから出る、服を着替える、シャワーをあびる、ひげを剃る。
こういう細かい動作をすべてコントローラーを操作させてプレイヤーに要求してきます。

誰がおっさんのひげ剃りを手伝うためにゲームをするんですか。
しかもこのひげ剃りの操作、ゆっくり剃らないとイーサンが痛がって先に進みません。
正直、面倒くさいです。

この後も奥さんと子供が買い物から帰ってきてお皿を並べたり、子供と遊んだり、幸せな世界をコントローラーを通じてプレイヤーに体験させてきます。
これでもうプレイヤーはイーサンそのものとなります。

ふたりで遊ぶ!

もちろんこのあとイーサンには不幸が待ち受けています。
あまり詳しく書くとネタバレになるので避けますが、こういう操作感のため世界観に入り込むことが出来ます。
また没頭感もとてつもなく深いため、正直操作していると肩が凝ります。

ふたりで交代しながらプレイすることでこの疲労感を分担しながら進めることが出来るので、複数人プレイにも適しているんじゃないかと感じました。

もちろん操作していない方は見ているだけになるのですが、きれいな映像で映画のように楽しむことが出来るので、見ているだけでも十分楽しむことが出来る。
そんな素敵なゲームとなります。

未プレイの方はあまり情報を仕入れずに遊んでほしい、そんな名作でした。

ずんだ のコメント

このHEAVY RAINは、友人からの勧めがなければ絶対に遊んでいなかったタイプのゲーム。
おそらくパッケージ絵で色々と損をしているのではないだろうか…。
(鼻とヒゲ…)
そして、出会えて本当に良かったと思える作品です。

いい意味で、「ゲームっぽくない」んですよね。
映画の中で操作を要求されている感覚というのでしょうか。
とても不思議で新しい感覚です。

様々な選択を強いられたり、辛い展開もあるのでプレイヤーの「心が軋む」。
本当は1人で世界に没入してプレイすべきゲームなのかもしれません。
ただ、私1人ではエンディングまでたどり着けなかったと思うので、S夫妻含め4人でプレイし始め、最終的には夫とふたりでクリアできて良かったと思っています。

ふたりで遊ぶ時の注意点としては、「重要な選択は話し合って決める」もしくは「そのパートをプレイしている間は本人の自由でOK」などある程度ふたりの間で決めておくことでしょうか。
我々は後者だったので、「そっち選ぶか~」と相手の選択が新鮮だったりするのも楽しみの1つでした。

余談ですが、プレイからもう何年も経っていますがS夫妻とはいまだに「オリガミキラー」という単語だけでお酒3杯くらい飲めますね。

1 thought on “HEAVY RAIN 心の軋むとき”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です