ゲーム大好き夫婦によるゲーム紹介サイト「ふたりゲーム」。古いものから新しいものまでプレイしてみて本当に楽しかったふたりで遊べるゲームをご紹介していきます。

不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!

フィルです。1人プレイ専用ながら複数人で遊ぶともっと面白い、そんなゲームをおススメします。

1人でじっくり、2人でワイワイ。何回でも遊びたくなる不思議のダンジョンシリーズ

「1000回遊べるRPG」として発売された「トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」シリーズ第2弾、風来のシレンシリーズ。ドラクエ大好き少年だった僕は何度も何度もトルネコを遊んできたわけです。その後発売されたスーパーファミコンの「風来のシレン」は、トルネコに比べていやらしい敵が増え、攻略の難易度が高いゲームという認識になりました。

その風来のシレンの続編としてニンテンドー64から発売された本作は、当時の僕にドンピシャなゲームだったわけです。

で、どんなゲーム?

不思議のダンジョンシリーズは、入るたびに構造やアイテムが変化するダンジョンに行き、そのダンジョンの攻略を目指すというゲームです。一度のダンジョン攻略(潜ると呼んでいます)でクリアしてしまうことも出来ますし、繰り返し潜ることで武器や防具を集めたり強化したり準備を整えることで高難易度のダンジョンもクリアできる、そんなゲームとなっています。

ジャンルはRPGと記載していますが、一般的にローグライクRPGと呼ばれ、コマンドバトル式の戦闘ではなくこちらが一歩あるけば敵も一歩あるく、といったターン制に近い操作感となっています。その1ターンの間に攻撃するのか、回復するのか、逃げるのか、アイテムを使うのか、じっくり悩んで操作するタイプのゲームです。どんな一手が正解か分かりませんが、こちらが気軽に動いた事で致命的な失敗につながることも多く、一手の大切さを学ぶことが出来ます。1歩でも無駄にせず歩く人、体力満タンまで回復しないと歩かない人、アイテムを惜しげもなく使う人など、人によってプレイの仕方が全く異なるゲームではないでしょうか。

シレン2はダンジョン攻略だけではなく、ダンジョンで集めた素材を使用して城を作っていくことも楽しみの1つです。素材を持ち帰るためには限られたアイテム欄に素材を入れる必要があるため、便利な道具を持っていくか素材を持ち帰るか悩んだ方も多いのではないでしょうか。

また一部ダンジョンでは、敵モンスターを捕まえて仲間にし、共にダンジョン攻略を行うことも可能となっています。収集癖のある方にも楽しめる要素が満載です。

2人でどうやって遊ぶの??

ここまで書くと圧倒的に一人で黙々と遊ぶゲームですね。確かに本作は1人でガッツリ遊ぶことを目的として作られたゲームだと思います。ただ、上にも書いたように「入るたびに構造やアイテムが変化するダンジョン」「人によってプレイの仕方が全く異なる」という点が複数人プレイをより面白くする要素となっています。

私たち夫婦は武器は個人、アイテムはある程度共用というルールのもと、クリアするか攻略失敗まで1プレイ交代しながら遊んでいました。シレン2には倉庫というものがあり、潜る前にアイテムをそこに入れることで紛失することを防ぐ事が出来ます。僕が強くした武器をずんだが紛失する、そういったトラブルを防ぐことが出来ます。

僕はシレン2を過去にクリアした経験者、ずんだはシレン2初プレイという点。アドバンテージは僕にあります。しかし経験だけでクリアできないのがシレンの面白いところ。アイテム運がなく強い武器がないまま進むことになり、あっさり攻略失敗してしまいます。

ここでプレイヤー交代。操作ずんだ。斜め移動などせず、満腹度が残っているにも関わらず大きなおにぎりを食べるというやんちゃプレイ。経験者からすると残念なプレイに見えてしまいますが、これも自分が過去に通った道。いつかは上達するだろうと暖かい目で見ていると、僕が攻略失敗したところも運を味方につけ強い武器を入手しクリアしてしまいました。

しかしこれも魅力の1つ。何度も挑み続けることで腕もあがりますし、運が良い時は操作があまり上手でなくてもクリア出来てしまいます。また、攻略失敗するともう一度同じダンジョンに挑まなければなりませんが、一緒にプレイする人がクリアすれば次のステージに進むことが出来ます。相手のプレイを見て学ぶこともありますし、使いにくいと思っていたアイテムの使い方を知る機会にもなります。

他にもこんな遊び方が

今回は1プレイ毎での交代案を記載していますが、もっと一緒に遊ぶ感じにしたいのであれば1フロアごとの操作交代という方法もあります。本作は階段を上る、次のエリアに進むなど、明確にプレイを交代出来るポイントがいくつかあります。そのタイミングでコントローラーを相手に渡すということも面白いですね。

前のフロアで相手が良いアイテムを使い切っているかもしれませんし、自分が手に入れた良い武器をあっさり紛失してしまうかもしれません。それでも笑って許しあえる関係をゲームを通じて築いてもらえると嬉しいです。

シレン2は非常に人気の高い作品ということもあり、中古相場もあまり値崩れせずに推移しています。またニンテンドー64そのものをプレイする環境がない方も多いかと思います。ほかの不思議のダンジョンシリーズでも同様の遊び方は出来ますので、ぜひ一度遊んでみてください!

ずんだ のコメント

フィルと出会う前からタイトル自体は聞いたことがあったのですが、「難しそう」と嫌煙していたのがこのシレンシリーズ。

「チョコボの不思議なダンジョン」はプレイしたことがあったのですが、やっぱりシレンシリーズは甘くない!

ずんだは基本的に注意力が足りない上に勢いで行動するダメゲーマーなので、フィルにアドバイスを受けたり、ときには軽率な行動にマジギレされながらクリアしたのを覚えています。
「やっちまったぁぁぁぁ!」って何度叫んだか正直わからない。
でも、もう1度挑戦しよう、と思わせる魅力があるんですよね~。不思議のダンジョンだよ、ホントに。

見ているだけでも楽しく、また、プレイには緊張感が伴うため、交代プレイは本当にいい遊び方!

忘れたころに「シレンやりたぁぁぁい!」って叫びたくなるくらいの名作でございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です